新型コロナウイルスで暴落予想!iDeCoのスイッチングで利確をしてみた〜SBI確定拠出年金の手数料はいくら?

税制優遇制度を受けられるiDeCo(個人型確定拠出年金)。私が利用しているのはSBI確定拠出年金のセレクトプランです。久しぶりに中身をのぞいてみました。

iDeCo(イデコ)は日々トレードするわけじゃないのでほとんとみていませんが、近い将来、世界の株式相場が下落するのでは?と思うようになり、イデコで運用している資産のことが急に気になったのです。

アメリカ株も相当バブってる気がしてなりませんし、新型コロナウイルスが世界に及ぼす影響は深刻に見えます。

今回はiDeCo(イデコ)のスイッチングをしたお話です。今までの運用で利益の出ている商品を売却して、元本確保型の商品を購入することで運用利益を確保するのが目的です

 
 

スポンサーリンク

iDeCo(イデコ)の運用で利益が出ている保有資産を利確する

 

私が利用しているSBI確定拠出年金のサイトをチェックしてみると、万単位で利益が出ている保有資産が2つありました。

  • eMAXIS slim バランス(8資産均等型)
  • iFree 年金バランス
  •  
     

    このまま放置して、もし世界の株式相場が暴落すれば、せっかく出ている利益はすぐに吹っ飛んでしまいます。

    実際に1年前の運用はマイナスでした。簡単に相場に左右されるんですよね。

     

    というわけで、これら2つ資産をそれぞれ半分ずつ売却し、元本確保型のあおぞらDC定期(1年)へスイッチング(預け替え)することにしました。

    つまり、今の利益を確定させて定期預金に退避するイメージです。

    そして将来価格が安くなった商品があれば、あおぞらDC定期からスイッチングして運用を再開しようというプラン。さて、うまくいくでしょうか 笑

    今こそが確定拠出年金スイッチングのタイミング!と練習がてらやってみました。

     
     

    スポンサーリンク

    スイッチング(預け替え)にかかる日数と注意点

    利益が出ている2つの運用商品のスイッチング(預け替え)を申し込んだのは2月12日(水)、価格が決定して約定するのが2月14日(金)でした。売却で約定するまでにかかった日数は2日でした。

    この間に価格が暴落すると困ってしまいますが、日経平均は23,861円(2/12)→ 23,687円(2/14)となんとか持ちこたえたのは幸いです。(その後500円近く下落しました)

    ということで、利益が出た状態で確定することができました♪

     

    受け渡し日の翌日、2月20日〜2月21日にあおぞらDC定期1年が購入されます。この商品は元本確保型(利率0.020%)なのでそのまま額面通り買うだけですね。不安はありません。

     

    一方、価格が日々変動する運用商品に預け替えする場合は注意が必要です。2月20日〜2月21日まで日数があるので、その間に価格が上がると想定より高く買い付けてしまうことになります。逆に価格が下がれば安く買えるのでラッキーかもですね。

     

    確定拠出年金(イデコ)のスイッチングは売買が成立するまでに日数がかかるので、確定するまでの期間に何が起こるかを十分に覚悟して行うのがポイント。自分の思い通りのタイミングと価格で売買ができないことを覚えておきましょう。

     
     

    スポンサーリンク

    スイッチング(預け替え)の際に手数料はかかる?

    ところで運用商品のスイッチング(預け替え)に手数料はかかるのでしょうか?

    スイッチング自体に手数料はかかりませが、一部のファンドでは投資信託の売却時に信託財産留保額が控除される商品があります。

    (信託財産留保額とは投資信託を現金化する際のコスト等を売却する者が負担する仕組みです。)

     

    商品詳細を調べてみたところ、今回売却した以下の2つの運用商品には信託財産留保額はありませんでした

  • eMAXIS slim バランス(8資産均等型)
  • iFree 年金バランス
  •  

    つまり、この2つの商品のスイッチング(預け替え)の手数料はかからない。良かったです!

     
     

    スポンサーリンク

    iDeCo(イデコ)のスイッチングまとめ

    iDeCo(イデコ)は、60歳以降に掛金や運用益を受け取ることができる個人年金のような制度です。60歳になるまで放置でいいかというとそうではありません。

    イデコは毎月の掛け金の分配を変えたり、今回のように資産をスイッチングしたりしながら、より多くの運用益を出してその利益を確保するために見直しが必要なんですね。

    相場が下がったら元本確保型→運用商品へ、相場が上がったら利益の出た運用商品→元本確保型へと動かしてみるのがいいのかな?

    (※ 元本確保型の定期預金1年は途中解約料が発生しますが、運用商品の変動幅に比べれば大した金額ではありません。)

    そして確定拠出年金のスイッチングはタイミングが重要です。

    これからも注意深く相場とにらみっこしつつ、イデコの運用を考えていこうと思います!

     
     

    頑張ります!よろしくお願いいたします♪

    にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
    応援よろしくお願いします♪

     

    スポンサーリンク
    イデコ確定拠出年金
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    ミネ子をフォローする
    50代副業主婦のスイングトレード日記 コツコツ1000万稼ぎます!

    コメント

    1. […] 救いは先週に半分利確しておいたiDecoですね。全部利確でもよかったかなぁ。 […]

    2. […] 新型コロナウイルスで暴落予想!iDeCoのスイッチングで利確をしてみた〜SBI確定拠出年金の手数料はいくら?税制優遇制度を受けられるiDeCo(個人型確定拠出年金)。私が利用しているの […]

    タイトルとURLをコピーしました